海外イベント出展は大変

イベントは何が大変なのかを考えてみる

 日々イベントに参加したり、出展したりしているイベントグローブですが、イベントを本業としている私達でも色々と大変なことはあります。

 前回は”海外イベント参加に関わる大変”について解説しましたが、今回は第二弾として”海外イベント出展の大変”についてお話します。

 今回は海外イベント出展の大変について考えてみました。

◎出展の大変

 前回お話をした海外イベントへの参加も様々な作業が発生しますが、それらのイベントへの出展は更には手間が掛かります。主催者への問い合わせ/申込から実際の出展、帰国のための手続きなど多くの作業が発生します。

  • どのイベントに出展するのか?
  • 申し込み手続き
  • 現地での出展ブース設営のためのサプライヤー選び
  • 資材の物流手配(通関、保税手続き)
  • 会期中のスタッフ探し、トレーニング
  • 参加のための航空券、ホテルの手配
  • 現地での計画
  • イベントへの参加

 ターゲットとする国や市場の規模は普段からのリサーチで把握していても、実際のプロモーション活動の舞台であるイベントについてはターゲット市場で開催される複数のイベントから特性のあったもの、海外から安心して出展できるものなどを選ばなくてはいけません。そして現地での制作・運営の手配からスタッフのトレーニングまで。特に物品の移動が伴う場合は通関や保税など事前の準備に数ヶ月かかることもあります。

 イベントグローブが普段お仕事をしている国内のイベント出展でも、企業の担当者は制作会社の選定から決定後の打ち合わせを含めて、平均で97時間の時間を消費しています。

イベント参加と同様、出展でもイベントグローブはお手伝いします。

イベントグローブがお手伝いします

●海外イベント出展代行

 イベントグローブは皆さんの代わりにイベントの出展まで代行します。

 主催者とのやり取りから現地の運営まで、すべてイベントグローブがサポートします。出展企業の方は、その時間を使って業界のトレンドを収集したり顧客とのミーティングに時間を有効活用が可能です。

 イベントグローブには国内外のイベントでの制作・運営経験が豊富なスタッフがいます。過去にもCESやGastechといった業界を代表するトレードショーの経験があり、安心してお任せいただけます。
 ⇒ 海外イベント出展代行はこちらへ

イベントの事前準備から事後まで、イベントグローブは様々なサービスを提供し、皆さんの時間をセーブします。貴重なお時間を有効活用し有意義なイベント活用を推進します。


イベントのお悩み、何でもご相談ください!

※画像素材提供:写真AC