数字でみるCosmobeaute Indonesia

イベントグローブでは会員向けに、主要な海外イベントの公式レポートサマリーを日本語で提供しています。主催者が提供する公式レポートの対訳としてご利用ください。二次利用しやすいよう、出来る限りテキストベースでシンプルにまとめていますので、社内の出張申請やレポート等にお役立てください。


Cosmobeaute Indonesia 2019:

日程:2019年10月17日〜19日
会場:Jakarta Convention Center

最新のイベント概要はこちらへ!


イベントサマリー

来場者数:15,648名
参加国/地域数:34ヶ国
出展・協賛企業数:370社(14ヶ国)


概要

インドネシアの新興美容市場
 インドネシアにおける中産階級の増加と消費の増加に伴いインドネシアの化粧品業界は好調に推移しています。インドネシアのコスメ市場は、このような環境の中で、消費者のニーズに合った商品やサービスを提供しています。
 2億7,000万人以上の人口を擁するインドネシアは、東南アジアで4番目に人口の多い国であり、美容・化粧品の需要が増加している インドネシアの消費者が形成する巨大な市場は、グローバルビジネスにとって魅力的な機会を提供しています。化粧品業界の売上高は、2020年には1,660.3百万米ドルに達し、市場は毎年6.5%の成長が見込まれています。(2020年~2023年)
  第15回目となるCosmobeaute Indonesiaは、インドネシアのコスメ市場へのゲートウェイを提供するプラットフォームとして2020年10月15日~17日にジャカルタ・コンベンションセンターで開催されます。


なぜインドネシアなのか?

・東南アジア最大の経済大国としてのインドネシアのGDPは1.016兆米ドルを超え、アナリストは今後10年から15年の間にインドネシアが化粧品を中心としたトップ5市場の一つとなると予測しています。
・インドネシアの消費者は、ますますウェルビーイング(幸福 )対する意識が高まっている
・インドネシアの女性人口は1億3千万人を超え、 メイクアップが女性の生活の一部になってきている
・インドネシアは人口が多く、一人当たりのGDPが上昇しており、中所得者・富裕層が増加している
・2015年のインドネシアの化粧品の輸出額は8億1800万ドル。一方、化粧品の輸入額は 同年は4億4100万ドルに達した。
・インドネシアのメイクアップ市場の2018年の総売上は4億4770万ドル
・市場の消費量は増加し、2018年は6,040万ユニットとなった。

※以下は登録メンバー向けとなりますので、ぜひ会員登録(無料)をお願いいたします。

You need to login to view the rest of the content. Please . Not a Member? Join Us